海と日本PROJECT 海と人とのふれあい交流事業 @ 蒲郡のご紹介

umitonippon gamagori concept

 

主催:日本テーザー協会、(公財)日本セーリング連盟、蒲郡市、蒲郡市教育委員会
協力:蒲郡市国際交流協会、蒲郡商工会議所青年部、クルーズイン、豊鉄観光サービス株式会社、拾石チャラボコ保存会、株式会社ライブコミュニケーションズ

1.子供たちの海へのいざない活動

テーザー級ヨット世界選手権大会観戦&交流会~海と日本PROJECT~

日時: 8月2日(水) 13:00 ~ 18:30 
場所: 愛知県蒲郡市 豊田自動織機海陽ヨットハーバー、ラグナマリーナ及び沖合海域

活動内容:
蒲郡市広報誌やホームページを通じて募集した親子25組約50名を対象に、セーリング競技の専門家によるガイドブックを用いた研修とテーザー級ヨット世界選手権大会のレース観戦、国内外の選手等との交流会を行います。交流会においては、チャラボコ太鼓保存会の演奏や、蒲郡名物「がまごりうどん」、蒲郡フィッシュ&チップスなどが振舞われます。

詳細およびお申し込み方法は【2017テーザー級世界選手権】親子ふれあい交流事業「ヨットレース観戦&選手交流イベント」をご覧ください。

2.海と人との関わりを知る体験活動

エクスカーション“三河湾と人との関わりを知る”~海と日本PROJECT~

日時: 8月4日(金) 9:00~17:00
場所: 愛知県蒲郡市及び周辺地域

活動内容:
テーザー級世界選手権大会の選手、家族等大会関係者を対象に、三河湾・蒲郡における海と人との関わりを知り、地域の魅力を体験するための以下の3つのプログラムを実施します。

  1. 三河の文化と技術に触れるコース:八丁味噌蔵、トヨタ会館、ボートレース蒲郡見学
  2. 三河湾の恵みに触れるコース:蔵王山展望台、魚市場せり見学、メロン狩り
  3. 三河deのんびりコース:抹茶ミュージアム見学、竹島周辺散策
3.セーリングの街・蒲郡と三河湾の魅力発信活動

期間: 7月下旬~8月中旬

活動内容:
テーザー級世界選手権大会の期間において、セーラーの視点での三河湾の魅力(海面の広さ、充実した設備、快適な滞在環境など)や地域の美しい風景や観光資源などの情報、普段目にする機会が少ないエキサイティングなセーリング競技のレースシーンや選手等のインタビューなどを大会ホームページやセーリング情報専門サイトを通じて発信します。
また、JR蒲郡駅(ナビテラス)や海陽ヨットハーバーにおいて、セーリング競技の模様を放映するパブリックビューイングを実施するとともに、大会会場のWifi環境を活用し、選手等大会関係者、選手と親子との交流会の参加者などによるSNSを通じた口コミ的な発信を行います。

日本テーザー協会は、海と日本PROJECTの趣旨に賛同し、海と日本PROJECT推進パートナーとして活動します。

2017年度においては、テーザー級世界選手権大会、セーリングワールドカップ愛知・蒲郡大会が、愛知県蒲郡市で開催される機会を活用し、セーリングを通じて子供たちの海への好奇心を喚起するとともに、“蒲郡と三河湾”の魅力を広く発信する「海と人とのふれあい交流事業@蒲郡」を実施します。

海と日本PROJECT